2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Margikarman ItoA MV移植&小説化
2017/04/22(Sat)
cov


◆MV移植&小説化

ずっと、水面下で進行させていたマージカルマンイトアのMV移植と小説化。
どちらも私一人では到底できない大きな大きな企画でした。
色々な方のご協力により形になったものです。
この場を借りて感謝申し上げます!

さて、MV版についてですが、
ベタ移植というのももったいないので、いくつか新エピソードを加えております。
例えばこちら↓
MVadd1
MVadd2
MVadd3

また、蔵之助の顔も新しく描き直されていたりします。
プレイはこちらから。



そして、小説化です。
中編RPGを1冊に落とし込むのは難しいと感じていましたが、やればできるものなんですね。
なかなかの分厚さになりましたが…
口絵

私も監修として参加させていただきました。
原作のリリースから時間が経っていたので、内容や設定を思い出すところからのスタートでしたが、
思い出すうちに作業にどんどんのめり込んでしまって、
ゲームで描き切れなかったキャラクターの思いや、ボツにしてしまったエピソードが次から次へと出てきて、
半分くらい新しい物語をつくるような感覚で進めていました。
やり過ぎて、原作ゲームをつくっていたときより労力を費やしたのではないかと思われる程です(笑)

・1章の深淵へ向かうまでの道中
・2章の死因調査のプロセス
・3章の連続○○の描写追加
・4章の○○の葛藤の描写
・5章の夏の○○○
・6章の○○と○○
・7章のライブと○○
・○○○○の明確な○○

などなど、伏字ばかりで何が何やらという感じですが、とにかく物語の密度を上げました。
作者である自分でも「新鮮な気分」で読めるような内容を目指しました。
そして、概ねそれは達成されたと思います。
色んな角度・方向から語ったり、新しい要素を足したりと、著者の方々の提案も目からウロコでした。

読んでいただけると分かるかと思いますが、4人の会話がこれでもかというくらい増えています。
ゴーストークが無い分メインの会話が大幅増です!
また、それぞれのキャラが、どういうことを考えていたかということもしっかり描かれています。

そんな、『小説版 Margikarman ItoA』
ゲームを楽しめた方には、ぜひお手に取っていただきたい1冊です。(損はさせないと思います!)
そして、戦闘が面倒または苦手だった方にもお勧めしたい1冊です。(ストレスフリーです!)
物足りなかった方も、何かが解消されるかもしれません。(駄目だったらごめんなさい!)

それでは、今後とも宜しくお願いします。


p.s. Margikarmanシリーズ(VXAce)のダウンロード数が11万を超えました。ありがとうございます!
スポンサーサイト
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(2) | TB(0) | ▲ top
祭りのあと
2015/04/02(Thu)
◆2015年スタート

あけましておめでとうございます!羊年!
更新をサボったせいで、このタイミングで新年のご挨拶です。
こんなことになったのも、Twitterがお手軽すぎるからですね!!

さて、そのTwitterでも告知しましたが、ニュースが2つあります。

① Margikarman ItoA、フリーゲーム大賞になる
もう、ここまで来ると…何というか…恐縮です!
ありがとうございます!
元々は10人くらいにしか公開していなかったはずなのですが…
何だか遠いところまで来てしまいました。

 
② 主題歌「花のあと」配信開始

 ⇒ iTunesで購入
 ⇒ Amazonで購入

①の大賞受賞記念ということで、楽曲制作陣が一晩でやってくれました!
meecoさんの他の曲もおススメですよ!


というわけで、今年もよろしくお願いします!
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(7) | TB(0) | ▲ top
\楽しかった!/\すり抜けライフ!/
2014/12/31(Wed)
ジン
〔イラスト:スバルイチ先生

◆2014ダイジェスト◆

あっという間に過ぎた1年でしたが、思い返せば色んなことがありました。

① Margikarman ItoA、公開 (2月2日)
② ItoA、ファミ通.comで紹介される (2月19日)
③ ItoA、コンプティークに載る (3月10日)
④ ItoA、ニコニコ自作ゲームフェス3で敢闘賞を受賞 (4月5日)
⑤ ItoA、超激辛イチオシレビューでAランク評価をもらう (4月13日)
⑥ 無印、フリーゲーム夢現のフリーゲーム大賞2013にて入賞を果たす (7月25日)
⑦ ItoA、公式生放送でプレイされる (8月17日)
⑧ ItoA、東京ゲームショウ2014でプレイされる (9月18日)
⑨ ItoA、フリゲ2014で4位になる (12月24日)

今年は、
① マージカルマンのメジャーアップデート
② 細々と延長戦を続ける
③ 終わり
となる予定でしたが、どこでネジが飛んだのか去年以上の勢いとなりました。予想外!
これも色んな人に遊んでいただいたり、紹介していただいたからですね!
本当にありがとうございました!
それでは良いお年を。

この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(19) | TB(0) | ▲ top
――生と死の狭間、勇者は穴に落ちる――
2014/12/16(Tue)
◆ スバルイチ先生の連載がスタート!

マージカルマンシリーズのキャラクターイラストを担当してくださった
スバルイチさんことスバルイチ先生が、ついに、ついに、ついに!
裏サンデーで連載デビューしました!!
メインタイトルは「勇者が死んだ!」
生と死をテーマにした感動巨編です!
ぜひ読んでみて下さい!そして投票してください!


◆ Margikarmanシリーズ、70,000DL突破!
おかげ様でダウンロード数が7万を越えました…!
あれれー、おかしいぞー?
ついこの前も同じようなことを…
無題

カモメ「 ありがとう!ありがとう!! 」 
(ウディタでつくった最初期のタイトルより)


◇ 特定班系境界人

狭間の世界全景

若い刑事 若い刑事「藤代さん、これを見てください」
藤代のじいさん 藤代の爺さん「ほう…この形、どこかで…」
若い刑事 若い刑事「そうです、実はこれ“北…」
ミラクルさん 「……」
藤代のじいさん 藤代の爺さん「おっと、誰か来たようだね」
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ルネサンス
2014/12/06(Sat)
時がたつのははやいもので、気がつけば夏が冬になっていました。
知らない間に広告に責め立てられていた…!
さて、下半期も色々あったようです。


① Margikarmanシリーズ、60,000DL突破!
シノノメン
おかげ様でダウンロード数が6万を越えました…!
もはや規模の感覚がつかめません!小さな街?
とにかく本当にありがとう!!


② スバルイチさん、華々しく連載デビュー!
マージカルメンズ
マージカルマンのあんなキャラやこんなキャラをデザインし、描いてくださったスバルイチさん!
ついに 連載デビュー します!わくわくです!
12月16日(火)スタートの「勇者が死んだ!」
ギャグが前面に出ていてにぎやかそうな感じです!


③ 東京ゲームショウ2014!
遅すぎる気がしますが、事後報告ということで。

公式生放送での「ぞのさん・くわさん」実況に続いて…
東京ゲームショウ2014でも生放送で実況してもらったよ!

いいオトナ…じゃなくて、「いい大人達」さんと「えんもち屋」さん、ありがとうございました!


④ ニコニコ実況!
そしてniconico関連で久しぶりにのぞいてみたら、
いろんな方に遊んでいただいているみたいです!(youtubeもすごい!)



マール マール「ありがとうっシィィィィィィィィッ!!」
花子2 花子「……(こびやがって)」
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ラスター無双
2014/08/24(Sun)
◆Margikarmanシリーズ、ついに50,000DL突破

おかげ様でダウンロード数が5万を越えました…!
ここまで来ると、何だか感慨深いものがありますね。
これは一つの節目のような気がします。
本当にありがとう!!

達成記念として天獄コインのオリジナルサウンド集をアップしてみました。
wataru氏のご協力に感謝!




◇自作ゲーム60作品48時間ぶっ通しゲーム実況
マージカルマンイトアがniconicoの公式生放送でプレイされたよ!
3分どころか1時間もやってもらえました。
温かいコメントがいっぱいあって嬉しかったです!ありがとうございました!
ところで、一通り見てみて思ったことがあります。

「ラスターの人気っぷり、すげえ・・・」
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(14) | TB(0) | ▲ top
ver.2.22⇒ver.2.3
2014/07/26(Sat)
12岬

◆大事な一枚
スバルイチさんから幻の1枚をいただいたので、ゲームにも実装しました!
一枚絵追加ということで、ふりーむにあるMargikarman ItoAをver.2.3にアップデートしています。

◇フリーゲーム大賞2013
無印版のマージカルマンが入賞していました。
やったね!

◇自作ゲーム60作品48時間ぶっ通しゲーム実況
完全版のマージカルマンイトアがniconicoの公式生放送でプレイされるらしいよ!
3分とかだったら悲しいね!

この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レッドホット
2014/04/14(Mon)
02 水野 雫

◆イチオシレビュー
フリーソフト超激辛ゲームレビューさんの方でイチオシレビューされました!
蓋を開けてみたらまさかのAランクでした。

討伐ランクA
 「うおおおおおおお!!!やったああああああ!!!」
07エネミーブック


エイプリルフールさん「最新作?なにそれ美味しいの?」
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Project M 終了
2014/03/21(Fri)
伊織さん
「伊織圭(私服ver)」:スバルイチさん


◆反省会
マージカルマンシリーズが完結したので、ちょっと総括もどきを。
過去のタイトルを振り返ってみると、つくづくMargikarman(ItoA)は異端だったと感じます。
特に次の三要素。

①ストーリーの組み方
初めてRPG以外のもの(ノベル)に挑戦しようとしていたせいか、
1話完結型アニメっぽい構成を意識していた気がします。
伏線のタイプも今までとちょっと違っていて、
大きな伏線ではなく、分散させた小さな伏線を早いうちに回収しています。

②マップの組み方
MargikarmanはRPGとしては圧倒的にマップ量が少ないです。
一枚絵先輩には大変お世話になりました。
現代モノとか学園モノってマップに求められるリアリティのハードルが高いと思うんです。
これがネックでした。
あと、反省点としてはマップの構造があげられます。
大好きな立体構造やレイヤー分けをほとんど使わずに構成して(楽をして)しまった。
VX Aceにも慣れてきたので、ツク3時代の組み方に戻していきたい。

③ジャンル
日本を舞台にした学園モノは初挑戦でした。
いままでにつくったゲームを並べてみると…

『Genesis Apocalypse』( RPG / Project G )
 オーソドックスな西欧系ファンタジーのふりをしたマトリックス的なSF
 あふれ出る厨二✝イズム

『LiecreeD』( RPG / Project L )
 戦闘システム先行の泥臭い中世戦記物
 LDスクショ2

『The Remainder』( RPG / ProjecTR )
 ターミネーター的な要素を取り入れた能力バトルのSF
tr2_ss.jpg

『TIMEET』( RPG / ProjecTMT )
 クロノトリガー的なタイムトラベルもの(つまりSF)
TMイメージ

『Margikarman(ItoA)』( ADV+RPG / Project M )
 現代日本を舞台にした学園&異界モノ
ItoA800.jpg


このマージカルマンの浮きっぷり…!(実はSF勢でした)
ということで、ひとり反省会も終わったので
Project M 関係はこれにて終了です。
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ロケットスタート
2014/03/10(Mon)
バタフライト
スバルイチさん「バタフライトってどんな感じの技なんですか?」
ゆうやけ「ええと…バタフライとライトで雷光がバーンなやつです」
スバルイチさん「把握した」



①ファミ通.comデビュー
というわけで、あのファミ通.comでMargikarman ItoAが紹介されました!
完全に予想の斜め上を行かれました。
これはもう言うしかないでしょう…
あの日あの時あの場所で感じた驚き。
今こそ、この言葉で届けたい。



 「ファッ!?」



さて、スッキリしたところで本題です。
カオスの選択は一周目からできるよ!?とか、
葵生萌えのキャッチコピー・・・?とか、
気になる部分もありますが、全体的にかなり丁寧でしっかりとした紹介記事でした。
そして、賛否両論なシナリオとシステムに対して、この上ないフォローを入れて下さってます。
有難い!もはやこの時点で感無量です…!
RPGなので華麗にスルーされるものだと思っていましたが、そうでもなかった。
何事もやってみないと分からないね!
そして、全てはここから始まった…


②雑誌掲載、再び
今回は角川書店さんの「月刊コンプティーク4月号」です!
本日3月10日に発売されました。
252ページに載っています。思ったより大きいぞ…
良かったら見てみて下さい!


③ItoA、ついに海外進出か
実は翻訳版のオファーが来ています。
とにかく今はリリースを待ちましょう。期待!


④超激辛イチオシレビュー
Margikarman ItoAがフリーソフト超激辛ゲームレビューさんより
次回のイチオシレビューに選ばれました!
超激辛A「ほう、来たな小僧…」
超激辛B「覚悟はできているか?」
ItoA「ひぃぃ…」


⑤そして、ダウンロード数ですが
累計で30,000を突破しました!
「ありがとーう!」
日本武道館ふたつ分を超えました!
「アリーナ!」
実況動画も一気に増えました!
「ニコニコしてるかーい!?」
バタフライト2
幸スケベ「これでもくらいな!!」


そんな感じで、とりあえずなんか色々凄い(まとめ)
ItoAのロケットスタートに作者がついていけてません。
この記事のURL | Margikarman ItoA | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。